、バラエティ番組に出演した際に、小麦粉をまぶして謝罪し、翌日には売り切れてしまいました。これは見ることができます。

今、彼女はそれを手に入れることができませんでした、そしてそれは多くの人々が受け入れるのは本当に難しいです。

彼女も少し落ち込んでいるように見え、自分を責めましたが、涙を流しながら涙を流し、投票したファンに感謝の意を表した後、51票という非常に狭い差で勝利し、優勝しました。武道館コンサートの中心である棚橋ミクシがここにいます。

彼女はまた涙を流していて、彼女の言葉で喉が詰まったほど興奮していて、感謝の言葉を静かに言い、スタジアム全体のほとんどは沈黙していました。前列と小さなエリアがつながっており、全員がほぼ同時にそれらを着用していました。帽子は棚橋ミックスファンクラブのロゴです。

これらの人々は帽子をかぶっていただけで、大声で応援していませんでした。フィールドの真ん中にいる少女が「戴冠」し始め、花の冠をかぶり始め、空の敬礼と花びらの1人を表す王位に送られました。

西安サウナもやや予想外です。

丹橋ミクシを初めて見たとき、この女の子はまだ道端でチラシを配っていた実習生でしたが、そのときも誘惑し、最初のロードショーで彼女をサポートしてほしいと望みましたが、成功しませんでした。

彼女は「花より男」を撮影するときに花瓶として行動し、夜勤後に逃げる代わりにすべてのファンを家に引き付けることができた唯一の人でした。

彼女自身の成功のためでしたが、彼女は十分に懸命に働きましたが、彼女は第2世代のアイドルになるために努力しました、そして彼女はある意味で今日の王位に値します。

また、現場の状況を見ると、たなはしのファンが団結し、組織化されていることがわかると思います。心温まる恋人ですが、もっと嫌いです。恥知らずなゴブリンだと思いますので、みなさんが好きで応援してくれるといいですね。

西安サウナは彼を見ただけでした。彼は誰が勝って誰が負けたかを気にしていませんでした。そのような戦いはチーム全体の発展にとってより有益かもしれませんが、目の前の主婦が「銀の玉座」に座っている3千世代の5つのフレー西安桑拿网バーを見ていることにすぐに気付きました。それは少し折りたたまれ、まるで後悔しているかのように、彼は彼を慰めるしかなかった:「来年はまだチャンスがある」

ヘシャは首を横に振って