でしょう、当然彼は絶対に物事を行うことができません。

彼は抑止力を発揮し、崇玄派と玄義門の建設をより円滑にするためにこれらの部隊を訪問するようになりました。

しかし、彼が驚いたのは、玄仙門と玄義門を再建したいと聞いて不満を抱いたのではなく、西安サウナを完全にサポートすると言っていたことです。

悪魔山の戦い以来、偽山荘は戦車に縛られていたので、自分を支えるのは普通のことです。

その後、彼は再びニウシャンに会い、しばらく前に彼を虐殺したばかりでしたが、西安サウナはまだ彼をとても気に入っていました。

反対側と相まって、以前は多くのことを助けてきましたが、西安のサウナは当然、牛山への戦場にいる一部の人々との苦情を伴わないでしょう。

これをすべて行った後、西安サウナが自分の中庭に戻るのはほぼ夕方でした。

他の中庭で、彼はMo QiuとYun Lin、Dan Wang Fang Tianxiaoに会いました。

彼らは交渉したようで、牙天xのほとんど緑の顔色から、Mo QiuとYun Linは彼にあまり親切西安夜生活论坛ではありませんでした。

それから彼は林志郎に言って、彼らはまっすぐに中学塔の4階に行き、撤退を開始する準備をしました。

西安サウナが撤退し始めたと同時に、空気はCan生関から何千マイルも離れていました。

これは帝国の首都に行く場所です。

ちょうどその時、十数羽の巨大な鳥が空を飛びました。

これは非常に大きなチームで、それぞれの巨大な鳥には20人以上の人がいて、西安桑拿网全員が鎧を着ています。

チームの最前線には、特別な空飛ぶ獣がおり、これは血の痕跡のある紫色の金色のカブトムシで、紫色の金の鱗は月明かりの下で輝いています。

飛idaの裏には、ドラゴンとフェニックスが刻まれた非常に豪華な金の柔らかい椅子があります。

柔らかい椅子の上で、中国のローブに身を包んだハンサムな若い男が目を閉じて練習しており、この人は紫王朝の第四王子、イェヨンです。

イェヨンは、悪魔の山々とCanshengguanにある西安サウナの強さ、そしてXiuwei王子の強力な廃止を見た後、やめようとはしませんでした。西安のリトリートを閉じるとすぐに、彼は人々をCangshengguanから一晩脱出させました。

イェ?ヨンは、その日、皇帝シン?ランが西安のサウナを塞いでいることを非常に嬉しく思います。さもなければ、彼は王子よりもはるかに良くならないかもしれません。

しかし、彼はまだ西安のサウナが突然彼を攻撃するのではないかと恐